毎日暑いですね。

高校野球開幕!

今日、100年目の節目を迎えた全国高校野球が開幕しました。

始球式をおこなうのはソフトバンク王貞治球団会長(75)でしたが、

甲子園大会の始球式にプロ野球経験者が登板するのは、

史上初めてのことでした。

王さんは、今の小学生では知らない子も多いと思いますが、

プロ野球で通算868本塁打(最多記録)を放ち、

引退後は巨人、ダイエー(その後ソフトバンク)監督として

リーグ優勝4度、日本一2度。

06年のWBCでは日本代表を率いて初代王者に輝いたという、

今どきの言葉で言うなら、野球界のレジェンドです。

また、高校生の時には1年生の夏から4季連続で甲子園に出場し、

2年生の春には3試合連続完封の快投で優勝を決めた、

素晴らしいピッチャーでもありました。

その王さん、今日の始球式では、(リアルタイムでは見られていませんが)

左打者の外角低めに見事なストライクを投げていました。

(生で見たかった〜!!!)

さて、その王さんが、数日前にインタビューでこうおっしゃっていました。

「みんなプロ野球選手になるわけではない。

高校野球を経験したほとんどの人は普通の世界で生きている。

野球がどうのこうではなく、みんなと思いを1つにして目指しながら

ときめかせながら、どきどきしながらやった

それがその後の人生の生き方にプラスになる。

高校の3年間、みんなが無我夢中で

白球を追い続けてくれたら僕もうれしい。」と。

野球に興味のある人もない人も、

自分の今やっていることに置き換えて想像して欲しい。

今やっていることが、将来そのまま役に立つかどうかはわからない。だけど

「ときめかせながら、どきどきしながらやった

それがその後の人生の生き方にプラスになる。

無我夢中でやってくれたら、うれしい」