プレスクール金曜日クラスの残席1名となりました。

第一志望校

第一志望校って何でしょうね?
そりゃぁ、一番行きたい学校のことを第一志望校というのでしょうが、
では、一番行きたい!と言いさえすれば、あるいは思ってさえいれば、
それだけで第一志望と言ってよいでしょうか。

例えば、勉強の質どころか、最低限の量さえも足りていないのに、
毎日のようにゲームをしている子が、第一志望は開成!と言っているような場合、
これを第一志望校と呼んでもいいでしょうか。

僕個人の意見を述べておきますと、開成第一志望と言うのは自由ですが、
勉強しなくても成績を取れてしまうような天才タイプ以外は、
勉強しなければ、開成を受けたところで合格しないと思います。
そして、厳しい言い方になりますが、合格するわけもないのに、
「第一志望は開成だったんだ」と言うことで、
自分の不勉強を誤魔化したり、他人から良く思われるようにしたりするのは、
その人の、その後の人生にとっても、良くないことなのではないかと思います。

 

だいぶ前の話ですが、本屋さんで本を探しているときに、
とある私立中の生徒の会話が聞こえてきました。
「俺、浅野の試験中に寝ちゃってさ。それで不合格になっちゃったんだ。」
まぁ、中学生男子特有の青い会話だと思えば、それまでの話なのですが、
『それで』という言葉のチョイスに、なんだかなぁって気持ちになりました。

よっぽど、「俺、中学受験の勉強をなめてたわ」
「だから、中学入ってからの勉強はちゃんとやるって決めたんだ!」
って、友達に向かって宣言している方がいいと思うんです。
(ちなみに、なぜ「よっぽど」という言葉を使ったかと言いますと、
会話の相手は、今通っている私立中が第一志望だったかもしれないので、
本当は浅野に行きたかったんだ!みたいな話は、しなくても良いと思うからです。)

 

さて、第一志望の話に戻しますが、学力、テストの点数、偏差値、そういうものが、
第一志望校に対して、重要でないとは言いません。
しかし、それよりも、その第一志望校にふさわしい努力をしているかどうか
の方が重要であると、僕は思っています。

ここでいう努力とは、勉強時間や、解いた問題量だけの話ではありません。
取り組む姿勢も含めた話です。
例えば、字がとてつもなく汚い、勉強のやり方が雑、こういうタイプに、
もっと丁寧にやるように指示をしたとします。
受験のときには、自分の答案を学校の先生に採点していただくのだから、
せめて丁寧に書くことが必要でしょう?と話すわけです。

ところが、これが俺(のやり方)だから!と、自分を変えようとしない子は、
やっぱり、その学校にふさわしくないということになるのだと思うのです。

 

その、あなたが第一志望とする学校に通う諸先輩方は、
勉強しないで、ゲームをしながら合格したと思いますか?違いますよね。
汚い字で、雑な勉強をしていたと思いますか?それも違いますよね。
きっと、先輩方も一生懸命勉強したんだと思います。
その後輩になろうというときに、今の姿勢で大丈夫ですか?
その姿勢のまま、第一志望と言ってしまうことを失礼に思いませんか?
自分が第一志望校としている学校や、そこに通っている先輩たちに、
憧れの気持ちや敬意を持てれば、おのずと姿勢は変わってくると思います。