3年生の授業は、全て終了しました。新4年生の授業は、2月9日(火)からになります。

意識して語彙を増やそう

国語の力が伸びていかない理由の一つに、語彙力の不足が挙げられる。
小学校低学年から4年生くらいまでは、そこまで難しい言葉は出てこない。
だから、このくらいの年齢までは、
国語を好きな科目、得意科目と思っている子が結構いる。
しかし、5年生や6年生になると、出てくる語彙のレベルが突然上がる。
その結果、突然国語は嫌いで苦手な科目に変わる。

5年生や6年生になっても国語が得意な子というのは、
この4年生までの時期に、少し背伸びをした読書をしながら、
実際の学年以上の語彙力を身に着けている。
ただ読みやすいだけの、年齢に該当する本では物足りなくなって、
お姉ちゃんやお母さんが読んでいたり、上級生が読んでいたりするような、
少々歯ごたえのある本にチャレンジしてきた結果なのである。
テストの点数が良いからと、何もしてこなかった子とはわけが違うのである。

この話はここで終わらない。小学生までは読書習慣があったのに、
中学生や高校生になると本を読まなくなる子がいる。
すると、それまでの経験と出してきた結果のおかげで、
「国語は特に勉強しなくてもできる」と思っていた子でも、
突然国語で点数を取れなくなる。
大体、高校1、2年、小林秀雄の評論などをやり始める頃に
そうなる子が多い印象だが、そうなる理由も上で述べたのと同じ理由だと思う。

 

要は、国語も英語と同じ語学なのであって、語彙数を増やしていかないと、
読める文章が限られてしまうということなのだ。
英単語を知らずに長文を読もうとしても、読めるわけがない。
読めないのだから、問題を解けるわけがない。英語を例にすると伝わりやすい。
なのに、国語ではやたらと問題を解かせたがる人がいる。

入試が近づいてくると、過去問などの問題を多くこなすことで、
国語の対策を取ったように思う人がいる。
もちろん、直しまでしっかりやった上で、多く解くなら最高だが、
直しをおろそかにして、量だけ解いてもできるようにはならない。
問題を解き終わったら、必ず音読と『意味調べ』をしっかりやろう。