学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

Less Is More

個人的な話になるが、

近代における3大建築家の1人として名高い

ミース・ファン・デル・ローエの”Less Is More”という言葉が好きである。

直訳すれば「少ないことは多いこと」となる。

一見、頭をかしげてしまうような言葉であるが、

多いことを「豊か」と置き換えると少しはしっくりくるのではないか。

多くを持つことこそが豊かであるという当たり前の価値観。

この価値観が全てなのか?と疑問を投げかける言葉として

個人的に解釈をしている。

もちろん、少ないよりかは多い方がいい。

ただ、物量的に増えれば増えるほど、無意識のうちに

「まぁいいか、まだあるし。」という妥協がうまれやすくなる。

その結果として、1つ1つに通う意思は確実に薄くなる。

自分も大学受験時には、問題集を何冊も解くよりも、

心中する気持ちで1冊の問題集を何度も解け!とよく言われたものである。

今、生徒を指導する身になって同じことを生徒に言っていると、

ふと、その当時を思い出すことがある。

だからといって、少なければ少ないほどいいという単純な話でもない。

ただ少ないだけでは、それは単純な「不足」になってしまう。

意思や信念といった1本の筋が通っていて初めて、

少ないことが豊かになりえると思う。

1つ1つの持つ意味。

これをどこまで思考し、自分のものに出来るかで、

ものごとの捉え方は全くことなるものになるのだろう。