3年生 夏期体験授業のご案内をしております。

勉強習慣が大事と言われてもね

今はもう、本当に聞き飽きるくらい、
どこの学校でも、どの本でも、勉強習慣が大事であると語られている。
つい最近あがった記事でも、勉強習慣は10歳頃までにつけるべき!
勉強には、ヤル気も気合いもいらない。必要なのは習慣化!
と書いてあったが、まぁ、確かにその通りではある。

しかし、これは勉強に限った話ではないが、
理想はそうだとしても、理想通りにならないことなんていくらでもある。
むしろ、子どものやることに関しては、理想通りに進む方が稀である。
「明日からはちゃんとやります」「次からは頑張ります」
という約束(?)を取り付けても、三日坊主になるのが子どもなのに、
毎日の勉強習慣をつけろ!なんて、簡単に言ってくれるな!という感じだろう。

 

ところで、突然で申し訳ないが、
どこかへ向かっている途中、道端でガムを踏んでしまったとする。
思わず、「うわっ最悪!」と、声に出して言ってしまうかもしれない。
だが、そのままイライラしていても、
今日は運勢が最悪の日だ!なんて思っていても、何も良いことが無い。
そこで、「う〇こ踏むよりはマシか」「まぁ、そういう意味では全く最悪ではないな」
と考えれば、イライラは多少抑えられると思う。

例としては不適切だったかもしれないが、要はそういうことである。
ついつい、「最悪!」と言いたくもなる状況のうち、大抵のことは最悪ではない。
勉強習慣がつかない。宿題をやらない。
テストの点数が悪い。成績が上がらない。
クラスが下がった。偏差値が下がった。
このままではどこにも合格しない気がしてきた。
この程度のことは、学生時代優秀だった大人だって、ある程度経験していると思う。

ちなみに、僕の中では不登校も全く最悪ではない。
学校を辞めることになったとしても、これも全く最悪ではない。
むしろ、悪いことだと全然思っていない。
大人の中にも会社に行けなくなる人、会社を辞める人がいて、
(法律や、会社の規定に触れるようなことをしていなければ)
そのこと自体は、何も悪くない。
そういうときだって、生きてれば一度や二度あるよ!くらいの感覚である。

そういう感覚に一度もなったことが無いという人がいるなら、
それはそれで幸せですね!と思うけれど、その人の基準で、
学校に行かないのはおかしいとか、普通じゃないなんて思われても、
そんなものは気にしなくていいと思っている。
逆に、自分がそういう気持ちになったことがないのに、
自分が普通だ!あなたは変だ!などと決めつけ、押し付けをしてくるようなら、
その人にこそ、思いやりや想像力が無いと思って、相手にしなくていいと思う。

 

話が広がり過ぎたけれど、要は、勉強の習慣化ができないとしても、
その程度のことで、受験に向いていないとか、そんなことは思わなくていい。
たいしたことではない。