3年生 夏期体験授業のご案内をしております。

四谷大塚のいいところ(もちろん主観です)

他塾の良いと思うところを勝手に書いているシリーズ第3段、
四谷大塚編であるが、四谷大塚はどんな塾であるか。
まずは、そのテキストがあまりにも有名すぎると思う。
中学受験を経験した親世代に聞いたら、おそらく全員が即答できるのではないか、
というくらい有名な『予習シリーズ』が特徴の1つである。

親世代が中学受験をした頃でいうと、四谷大塚に通っていない他塾の生徒であっても
この『予習シリーズ』を持っている率は、相当高かったはずだ。
(もちろん、今でもそういう人は一定数いると思う。)
そのくらい、当時は群を抜いて完成度の高いテキストだった。
その後、テキストは幾度となく改訂されているが、
「初期のテキストが一番使いやすかった。」と、当時のテキストを手放さずに、
今でも指導に使用している家庭教師もいる。

蛇足となるが、「え?昔の(改定前の)テキストの方がいいの?」
と、不思議に思った方もいらっしゃると思うので、少々付け加えておくと、
当時のテキストは、カラーではないし、字も小さいし、
今どきの子どもの自学には合わない。
問題の質や配列が、玄人好みだったと言った方がわかりやすいかもしれない。

 

さて、その『予習シリーズ』であるが、他塾や、他の出版社のテキストにも、
もちろん良いものはあるが、こと国語に関しては、令和になった今でも、
よくできているテキストであると思う。
(問題文に)選ばれている文章は、良い文章ばかりである。
子どもの読書離れが進む昨今であるが、
せめてここに載せてある文章を読み込んでもらえれば、
それだけ(問題を解かなくても)でも、十分に価値があると思う。

 

そして、テキスト以外のもう1つ大きな特徴としては、
大学受験予備校『東進ハイスクール』(ナガセ)の傘下に入ったことも
大きな要因なのかもしれないが、オンライン授業が他よりも充実している
ことが挙げられると思う。
家の近所に塾がない場合や、ここ数年のような状況下(コロナ禍)であれば、
こういった塾の存在は重宝されるはずだ。
自学のできる子や、精神的にオトナな子にとっては、
非常に便利なシステムであると思う。