学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

暇を持て余している人へ

今もし、スマホやゲーム、テレビやyoutubeばかりになって、
暇を持て余している子(卒業生も含む)がいるとしたら、読んで欲しい。

 

今、テレビをつければ、どのチャンネルでも話題は「コロナウィルス」一色。
ニュースでも、ワイドショーでも、バラエティー番組でも、
その影響はいたるところで感じられると思う。

とにかく、この「コロナウィルス」は、『新型』なので、
わからないことが現状まだまだたくさんある。
医療の専門家と経済の専門家とでは、当然言うことが違うし、
同じ医療の専門家でも、感染症の専門家と、そうでない専門家とでは言うことが違う。
さらには、そこに何の専門でもない人の意見が混ざり込むこともある。
そこから、どれが正しい情報で、どれが正しくない情報なのかを選び取る
という力が試されている。

また、医療面からの正しい意見と、経済面からの正しい意見、
あるいは、教育面からの正しい意見や、世界規模で見た時の正しい意見など、
立場や見地が違えば、それぞれ正しい(と考える)ことに違いが出る。
今、それらはぶつかり合って、時に対立しているわけだが、
ずっと平行線でいくわけにはいかない。どこかで折り合いをつけなければならない。
その解決策に、唯一絶対の(100点満点の)正解は無い。

そう。今まさに、みんなは正解の無い社会を目の当たりにしているのだ。
そして、5年後か10年後か、そう遠くない将来、
みんなはそこに足を踏み入れることになる。
だから今、社会が、大人たちが、この現状の危機をどう乗り越えるのか、
関心を持って見ていた方が良い。できれば当事者意識を持って考えた方が良い。
ちょうどいい訓練の場だと思って。
今、どうしたらいいのか、どうすべきなのか、自分には何ができるのか。
自分と違う立場の人のことも想像し、
自分だけが正しいのだと勘違いしないように気をつけながら…。

 

3か月、4か月前まで、積極的に取り組まなかったこと、
どうせ無理だと鼻で笑って、やろうともしなかったことが、
今、この状況になって、「なんだ!やってみたら、できたじゃん!」
に変わった部分は、きっと世の中の様々なところで、たくさんあると思う。

情報の取捨選択ができるように、
自分で考えられるように、
考えた上での行動が取れるようになって欲しいと思う。