学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

こんな時期だから

こんな時期だから、学校は休校にすべき。
勉強の遅れは、後からでも取り返せる。
そもそも勉強なんてものは、家でもできるのだから、
学校の問題ではなくて、家庭の問題、
という意見がある。

もちろん、「勉強」と「命や健康」は秤にかけられるものではないから、
学校を休校にすることに反対はしない。
「命や健康」よりも優先するものはない!
だが、後からでも取り返せるとか、家でもできるとか、家庭の問題とか…
そういう意見については、すぐには賛成しかねる。
「命や健康」と比べれば「勉強」なんてものは…
という話であるのは百も承知なので、
言葉じりだけをとらえて、どうこう言うのも不細工だけれど…。

自分一人で勉強できる子や、勉強を教えられる親が、
一人で勉強できない(または身に着かない勉強をしてしまう)子や、
勉強を教えられない親に対して、安易に「家でもできる」「家庭の問題」
と言っているようで、なんとなく、マウンティングのようなものを感じてしまう。

80年くらいある人生の中で、勉強は、その気になれば、いつでもできる!
という意見には大いに賛成だが、気付いた時には、
すでに学校の勉強についていけてなくて、
追いつきたくてもどこから手をつけていいかわからず、
どうしたらいいかもわからず。
それで勉強を諦める人が世の中にどれだけいるか。

 

そんな人のことは知らない!と言う人もいるのかもしれないが、
少なくとも公教育というものは、
勉強を一人でできないような人のためにもあるはずで。
だから、今、休校という措置を取るのは当然だと思うけれど、
それで終わりにするのでは、結果的に「そんな人のことは知らない!」
というのと同じになりはしないか?と、そんなことを思う。

このブログは、誰かを批判するためのものではない。
少なくとも学校の先生も、従うしかない苦渋の選択だったのだと思う。
学校も映像配信を取り入れればいいのに!という意見ももっともだと思うが、
それを取り入れない理由は、学校のフットワークが鈍いということではなく、
それ(映像授業)だけでは勉強できない子がいることや、そもそも
パソコンなどを持っていない(使いこなせない)人がいることへの
配慮などの理由もきっとあるのだと思う。

こんな時期だから、そんなこと言ってられない!というのもわかるけれど、
こんな時期だから、格差がついても仕方ないというのは違うと思う。
今すぐどうこうできないのはもちろんだけれど、
こんな時期だからこそ、思いやりのある視点で考えて欲しい。