学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

国語

一昨日の過去問の結果を受け、

「子どもと一緒に国語を解いてみました」

「4つの選択肢のうち、2つはすぐに違うってわかるんですけど、

残り2つを絞るのって、結構難しいですね。」

って、あるお母さんがおっしゃっていました。

国語の選択問題にも色々あって、

誰もが選択肢を見た瞬間に、答えが浮き出て見えるような簡単なものもあれば、

ある程度の力が着けば、そこまで悩むことなく選べるものもあり、

また、相当なレベルまでになっていないと選べない、難度の高い(良質な)ものもあれば、

(生意気な物言いで申し訳ないですが)あまり良質でない分、選びにくいものもあります。

子どもが受ける学校の問題の質を知っていただいて、

「こんなの簡単じゃん!」「こんなのも解けないの!?」

と言われるのは、全然ありがたくないのですが(苦笑)、

「難しいんだな」って思ってもらえるのは、結構ありがたいです。

所詮、小学生の勉強でしょ?なんて思われている人がいたとしたら、

是非ご覧になってください。国語に限らず、なかなか難しいですよ!

実際私立に行った子の多くが、大きくなっても

「中学受験で勉強したことが、ずっと役に立ってる」って言います。

僕もずっと役に立ってます。

それは先生という仕事をしているから、という意味ではなくて、

頭の使い方という意味でです。

前々回のブログの続きのような話になりますが、

国語という母国語ですら、結構難しいことをやっているとわかっていただけたら、

怒りの感情はあまり湧いてこないかもしれません(笑)。

国語をなんとかせねば!とお思いでしたら、1にも2にも音読を聞いてあげてください!