学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

まだ油断は禁物

今朝は雪でした。

交通網と怪我の心配をしていましたが、さほど長く降り続かなくて良かったです。

2月の頭もどうやら雪は降らなさそうですね。

僕は寒いのが本当に苦手なので、防寒対策バッチリで塾に来るのですが、

こんな寒い日でも6年生の中にはミスターノースリーブの姿が…

「この気温でノースリーブだったら、真夏には一体どんな格好をするんだい!?」

それでも彼のセリフは

「俺に袖はいらねぇ!」

「かっこいぃ〜」

のか!???

見ているだけでも寒いので(笑)、

周りの大人は風邪をひくんじゃないかと心配になりますが、

その格好に慣れている人にとっては、

案外その格好が一番風邪をひかないみたいです。

かくいう自分も小学生までは、真冬でも半ズボンの少年でした。

(さすがにノースリーブではありませんでしたが)

受験が近づいてきた12月に、生まれて初めての長ズボンを買い与えられ、

「あ!長ズボンってあったかいんだ!」と知った直後、風邪をひきました。

不思議とそういうもんです。

しかしそうは言っても、ここまで来て風邪をひくわけにはいきません。

漠然とした不安だとか、入試が近づいてきた緊張感やらで、

少しテンションが高くなって、

無駄に風邪をひいたり怪我をしたりしないように、気をつけてください。

今体調が悪くないからと、手洗いやうがいをいい加減にしたり、

マスク着用をサボったりして試験当日に熱が出たら…

後悔しますよ。

先日、塾に寄ってくれた卒業生の前でコーラを飲んでいて、

「そんなの飲んでていいと思ってるの?

今はいいかもしれないけどね。

身体のことちゃんと考えなさい!」

とお説教をされた僕でさえも、手洗いうがいとマスクはしっかりやってますからね!