学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

空想

『自由』を校風としていた学校があった。

勉強をするのも自由。しないのも自由。

部活をするのも自由。しないのも自由。

先生からは何も強制されない。

その代わり「自由には責任が伴う」との重い一言が添えられる。

先生が進路指導を熱心におこなうことはない。

顧問の先生が部活に顔を出すこともない。

文化祭も体育祭も生徒主導。修学旅行の行き先も生徒が決める。

だけど決して放ったらかしではないし無責任でもない。

「自由には責任が伴う」と同時に「自由にさせておくのにも責任が伴う」から。

管理してしまう方が楽。

管理されてしまう方が楽。

『自由』は本当は決して楽ではない。

だけど今はその学校も『自由』ではない。

「面倒見よくして欲しい」

「提出物の管理を!」

「大学合格実績は?」

「部活も頑張らせて!」…

ここ10年そんな声が増えた。

ニーズに応えないと生徒が集まらない。

だからすっかり『自由』ではなくなった。

時代のニーズに合わせて変化が求められる。

確かにそれも必要だろう。

だけど、カラーを失った学校では、他の学校との差がわからなくなった。

学校が均一化されてしまった。

そして、自由を失った学校からは責任さえもなくなった。

子どもも大人もオトナになれなくなった。