学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

なんとかしてあげて欲しい

「コロナ禍で君たちはよく頑張ってるよ!」
と、生徒を褒めるのは悪いことではない。
今年は、それを理由に、例年とは違う基準で成績をつける学校(先生)が、
結構な数あるようだ。
すなわち、例年なら、せいぜい『4』しかつかない成績に『5』がつき、
『オール5』乱発状態の学校があるという。

一見、良い話に聞こえるかもしれないが、
通知表の成績をつける基準は、それぞれの学校に委ねられている。
だから、例年通りに成績をつけている学校もきっとある。
つまり、入試に内申点が大きく絡む高校入試や、公立の中学入試において、
この差は、同一条件下での受検にならないことを意味する。
頑張りを大いに認めてあげている学校と、例年通りの基準で成績をつけている学校と、
どちらにも何ら非は無いが、後者の学校に通っている生徒だけが、
本人たちの知らないところで、受験のスタートラインから出遅れていることになる。

もちろん、『オール5』の成績を持っていても、
定期テストのような範囲の決まったテストに強いだけで、
入試当日に点数を取るのは苦手というタイプもいる。
しかし、このタイプでも、高校受験では高い内申点を武器に、
偏差値の高い私立を、併願校としてすべり止めにできる。
また、入試当日に点数を取れる自信が無いなら、公立受検校のランクを下げればいい。
そうすれば、高い内申点を持っていることが、ことさら有利に働くだろう。
ここでも、平常通りに成績をつけられた学校の生徒にしわ寄せがいく。

 

一方で、このことは併願校である私立高校にも影響を及ぼす。
それこそ、併願するには『オール5』に近い内申点が必要な学校に、
(例年より多く)ドッと人が集まることが予想される。
併願校は、基準で示してある内申点を有していれば、
合格になるのが暗黙のルールであるが、
あまりに人数が多すぎれば、何らかの新たな基準を設けて、
合格者を絞らざるをえない(かもしれない)。

現場で指導している学校の先生が責められるのはおかしい。
とはいえ、生徒の立場ではどうにもできないものが、
「仕方ないよね」で済まされてしまうとしたら、それは違うと思う。