毎日暑いですね。

女子ワールドカップ

4年前の女子ワールドカップ。

なでしこジャパンは「日本の皆さんに少しでも勇気、感動を与えたい!」

という強い気持ちで戦っていました。

同じ年の3月11日に、東日本大震災があったからです。

その年のワールドカップでは、前回大会優勝国のドイツや、

(グループリーグでアメリカを倒した)スウェーデンを倒して決勝まで勝ちあがり、

決勝では世界ランク1位のアメリカ、

しかも日本が今まで引き分け3回、負け21回と、

一度も勝ったことのない強敵を倒しての優勝でした。

その時の試合でも、アメリカはやはり強かったです。

よく勝てたなぁと驚くほどです。

しかし、アメリカのゴールキーパーのソロ選手が

「なでしこジャパンはゲームより大きくてより良いもののためにプレーしている。

強い感情を込めて戦う相手に対抗するのは困難だ。」

「負けるなら日本が良かった。」と試合後に語っていたように、

なでしこジャパンの気持ちが本当に勝っていたのだと思います。

今回のワールドカップ決勝では、残念ながらなでしこは負けてしまいました。

決勝の得点(2対5)をみれば完敗だったと言えるかもしれませんが、

ワールドカップという大舞台で、2大会連続で決勝まで行くこと自体が物凄いことで、

大会直前の日本の調子からしても、なかなか想像できない快挙だと思います。

アメリカの1点目は、日本をよく研究して対策を練ってきたのだなと思える得点でした。

あの1点で流れを持って行かれた感がありました。

そして、あれよあれよという間に4点取られてしまったわけですが、

アメリカも本気で勝ちたかったんだなというのが、伝わってきました。

今回は気持ちでもアメリカが勝っていたのだと思います。

しかし、驚き、そして感動したのは、

4点取られた後も、なでしこのサッカーが気落ちしたプレーにならなかったことです。

早々と試合を諦めて、自暴自棄になるようなプレー、雑なプレーになることなく、

悪質なファールをすることもなく、最後の5分になっても選手は走り続けていました。

なかなかできることではないと思います。

同じようにスポーツの試合で、途中で試合を投げてしまったとか、

テストの途中で諦めてしまったとか、そういう経験のある人なら、

この難しさがわかると思います。

試合には負けてしまいましたが、見ている人に伝わるものは確実にあったと思います。

にわかファンのようで申し訳ないですが、澤さんのこともまだ見たい!ので

リオにも期待して応援を続けたいと思います。