12月度プレスクールは、今週と来週の2回です。

どちらが正しい!?

400ML入るコップに200MLのジュースを入れてもらった場合と、

100ML入るコップに100MLのジュースを入れてもらった場合と、

どちらが嬉しいでしょうか?

このジュースの話はよくあるたとえ話です。

受験勉強にたとえて言うと、

精一杯頑張ったけれど、目標としていた第一志望には届かなかったのと、

そこそこ頑張った結果、妥当な第一志望に入れたのと、

どちらが幸せなのでしょうか?

(もちろん上記の二者択一ではなく、

精一杯頑張って第一志望に入るという3番目の選択肢があってしかるべきですが、

ここでは「第一志望に合格できるなら精一杯頑張る」

という考え方を除外したいため、敢えて上の二択で考えます。)

難しい問いだと思います。

おそらく正解は人によっても違うでしょう。

でも一方で、普段はそこそこでいいと思っている人でも、

200MLの方がいいと思うときってあるんじゃないでしょうか。

いえ、200MLがいいというより、望めば400ML入れることが可能である方が、

いいと思えるときがあるように思います。

そして、もっと大きな器を求めるときだってあるかもしれません。

先にも述べたように、正解は人それぞれなのだと思います。

そして同じ人であっても、その時々で正解が変わることもあると思います。

どちらか片方の考え方が100%正しいということはないでしょうが、

後悔しない選択をして欲しいと思います。

と、言いながらの私見です。

あの楽天のマー君でさえ、プロに入ってから35回負けています。(勝利数は99)

甲子園でも決勝では負けています。勝負の世界は厳しいものです。

では甲子園の決勝を取り上げて、

彼の努力は虚しいものだったと言えるかというと、そんなことはないと思います。

最終的には確率論になってしまうのだと思いますが、

トータル(全体)で見たときに、頑張ったことは結果として出ています。

そう考えて欲しいと思います。