学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

白馬合宿!前編

夏期講習も2週間が過ぎ、あと1週間もすれば前半が終了となってしまいます。

月日というものは本当に早いものです。

そんな中、土日の休みを利用して大学のセミナーハウスのある長野県は白馬へと行ってきました。

ただ、これは旅行ではありません。合宿です。

大学時代、バドミントン部に所属していました。

その割には・・・という程度の力量なので、公言するのも恥ずかしいくらいなのですが。

今回は、そのバド部OB達で「本気の」バドミントン合宿をしようという企画でした。

この1つ下の後輩が5期にもわたるメンバーに声をかけ、実現しました。

彼の大勢を巻き込む力には毎回のことですが、驚かされるばかりです。

こういった力ってどうやって身につくんだろうな、と羨ましく思います。

そんな彼の男気に負け、授業準備をひたすら前倒して、参加を決意しました。

ところで、本気のバドミントンってやったことありますか?

一見、お手軽スポーツのように思えますが、結構ハードなんです。

しかも、社会人になった人間が久しぶりにラケットを握るとなると・・・。

今日の僕の動きに、ぎこちなさを感じた生徒もいるかと思いますが、

そのせいです。

普段、自転車通勤で足はならしているとは言っても、

筋肉の使い方や使う箇所が全く異なれば、

全身筋肉痛になるのは至極当然のことです。

怪我だけはしなくて良かったです。

ただ、大学時代のメンバー20名弱と、

また同じコートでバドミントンができることはとても貴重で、

かけがえの無い時間となりました。

また、宿泊したセミナーハウスでは、

それぞれ活躍するフィールドは違えども、

自分たちの道を進んでいることも確認でき、お互いの励みとなりました。

また次回には、更なる成長を報告し合えたら、と思っています。