毎日暑いですね。

祝!5大会連続 サッカーワールドカップ出場!

昨日、世界最速&ホームで初の、サッカーワールドカップ出場を決めました。

自分は残念ながら試合をライブでは見られませんでしたが、

無事に出場を決められてホッとしました。

7時過ぎには自分の授業が終わっていたので、

どれだけヤマダ電機に買い物に行く用事を探したか…

と、本気の冗談はさておき(笑)、

これで本大会までに今までと違う選手や、違う戦術を試せることでしょう。

次のイラク戦とコンフェデ杯と眠れない日々が続きます。

セレッソの柿谷曜一郎選手や、ジュビロの山田大記選手、

アントラーズの柴崎岳選手辺りが入ってこられたら…とワクワクしています。

さてさて、試合の概要についてはライブで観た方の方が詳しいでしょうから、

試合後の選手のコメントから、みんなにも通じるであろう話を

いくつか選んでみました。

長友選手

「ワールドカップ出場を決めることができたのも、

ユニホームを洗ってくれたり、マッサージをしてくれたり

大舞台を裏方の人が支えてくれた(からです)。僕らは幸せです」

試合後に喜びに浸るだけでなく、支えてくれた人たちに

すぐに感謝できるのは、さすがです。

オーストラリアFW ケーヒル選手

「ブラジルへの予選を突破した日本代表を祝福したい。

良きライバルで素晴らしい国だ」

日本は昨日負けていたとしても、W杯に(2位以内で)ほぼ出場できました。

それに対して、オーストラリアは昨日の時点で3位と苦しい状況だったわけですが、

ラフプレーになることもなく、試合後に日本を讃えられるのは、

逆の立場だったらと思うと難しいことです。

そして、出場が目標ではない。あくまでも目標は優勝だと語る2人の言葉です。

本田選手

「チームワークは日本のストロングポイントだが、

結局のところ最後は個で決まるのがほとんど。

あと1年でそれだけ自立した選手が出てくるかだと思う」

長友選手

「僕は本気で優勝を目指している。そのために、別に笑われても構わない。

ただ、本気で目指さないとたどりつけないと思っているから、

信念を持って目指したい。

残された時間は短いけど、気合いを入れてやっていきたいと思います」

追記:コンフェデのメンバーに新規メンバーいませんでしたね…残念!