毎日暑いですね。

サーパス文庫(国語の取り組み)

突然過激なことを言いますが(笑)、読書は自分の読みたい本を読めばいいとか、興味のある本だけ読めばいいとかいう意見ありますね。

読書は強制されてやるものではない。

好きに読んでいいはずだ。

確かにその通りです。

でも、強制されてでも読んでおいた方がいい本が本当はあります。

大人になってからは好きな本だけでもいいですが、子供のうちに名作を読んでおきなさい!と思っています。

名作って何?って思った人は、学校で配られる推薦図書の冊子だとか、文学史の勉強をした時のページを見れば大概載っていますし、もっと言えばそんなの見なくったって、みんなの御両親が知っています。

僕が初めて社会に出た時、40代50代だった人たちに「○○は読んだか?」なんてことを聞かれ、読んでいない本があったりすると恥ずかしい思いをしたものです。

 

みんなが社会に出る頃の40代50代はそんなことを聞いてこないかもしれませんが、それでもやはり、若いうちに読んでおいて欲しい本があるわけです。

開校して3か月、サーパスの本棚も少しずつ充実してきました。

本好きの生徒から「あ!また新しいのが増えてる!」とか、「もう (このシリーズ)全部読んじゃったから、次のお願い!」なんて声が出てくると、こちらも俄然(がぜん)燃えてきます。

そしてさらには、「ウチの子、全然本を読まないんです…」

なんて声を聞くことがここ数年増えましたが、それまで読書が億劫(おっくう)だった生徒も、本を進んで手に取るようになってきました。

本を読もうという意識づけがあって、適切な本が身近にあれば、案外読むものなのかもしれません。

『本さえ読めば国語力が上がる』わけではないです。

というのも、読書好きな子は偏った読み方(本のジャンル、自分本位な考え方など)

をすることも多く、またテストの記述などは実際に書かないと力がつかないからです。

ですから『ただ本を読む』だけでなく、その本を読んでどう考えたか、どう感じたかを敢えて『書かせ』て『添削する』ようなところまでをセットにすることで、その読書量を国語力につなげていこうとしています。

まだまだもっともっと本棚を充実させていきたいと思っています。

貸出もしていますし、「○○が欲しい!」というようなリクエストも受け付けていますので、読書を習慣化してしまいましょう。