3年生の授業は、全て終了しました。新4年生の授業は、2月9日(火)からになります。

日本代表FW 前田遼一選手

寺野典子さんの書いた、サッカー日本代表FW前田遼一選手の特集の中で、

前田選手はこう語っていた。

「俺は『今、スランプです』って言える人がすごいなと思う。

俺はうまくいかないときはただ自分が下手なだけだと考える。

(中略)

実力がないから、うまくいかないだけなんだと思っている。」

「今の俺の実力のままだとW杯のピッチには立てないと思う。

それは普通に自分の実力を見て感じる。

この年齢だけど、ここから、ひとまわりもふたまわりも成長しないと、

W杯へ行けるとは思えない。」

「どうすれば、もっとすごいプレーができるようになるのかと、

いろいろ考えるんだけど、その方法がわからない。

結局毎日の練習で頑張るしかないってことに行きつく。

今までもそうやって、少しずつ上達してきた。

これからも伸びていく自信はある。

緩やかかもしれないけど、伸びる自分を信じているから、頑張れる。」

その前田選手の発言を受けて、寺野さんは

「自身を下手だと言い切る前田に謙虚さは感じられない。

下手だから向上の余地があり、未来や可能性が広がっている。」

と述べられていた。

自分が天才ではないことを知り、

自分にずば抜けた武器がないことも受け入れた上で、

しかしそれをネガティブに捉えて絶望することなく、

伸びしろ(成長の可能性)が他の人よりもたくさんあると

ポジティブに捉えられるのは、それだけでも素晴らしいことだと思う。

日本代表のFWとして試合に出られる人数は、

今のザッケローニ監督のもとでは一試合中せいぜい2人。

その2人の中に選ばれているのだから、

前田選手がものすごい実力なのは誰の目から見ても間違いない。

それだけの力がある選手が、こんな気持ちでいるというのを知ることは、

サッカー以外のことにも応用できると思う。