学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

栄光より挫折

「栄光より挫折。勝利より敗北。成功より失敗。

白いボールを追いかける中に人生がある。

教え子たちには人生の勝利者になってもらいたい。」

横浜高校野球部の渡辺元智監督(70)が

神奈川大会決勝で東海大相模に敗れた後に言った言葉です。

とてもとても重みのある言葉ですが、

まだ小学生にはこの言葉の重みは伝えにくいものがあります。

中学受験は合格が大切です。どうしたって不合格よりは合格が良いです。

実際、通う学校が変わるわけですから、

大げさでなく、人生そのものが変わるという面があるわけです。

塾だって、良い実績こそが塾の評価である部分は大きいですから、

何とか合格をとなってしまいます。

しかしながら、第一志望合格者が必ずしも人生の勝利者とはいかないものです。

いかに本番の入試前に本番を味わって、そこで価値のある失敗をするか。

そうすれば、どちらも得ることが出来ます。

伝えることが難しいことですが、いかに入試前に早く本気になれるか。

本気になればまだまだたくさんの挫折や失敗が得られます。

その上で、本番に合格できるなら、こんなに素晴らしい経験はないかと思います。

今日、サーパスは過去問テストをおこないました。

失敗したっていいんです。でも価値のある失敗でなきゃダメなんです。

どれだけ、疑似体験を本当のような体験として味わえるか。

どれだけ本気になってテストを受けられるか。

頑張ってほしいです。