学校の学年が上がります。ペースを掴めるまでは焦らずに!

父母会

以前一緒にお仕事させていただいていた先生から、

「父母会に仕事や用事があるから行けない。と言われるのは、

どこかで行かなくてもいいと思われているからで、それが問題だ!」

と言われたことがある。

このご時世、ご両親共にお仕事をされているケースはとても多く、

父母会の予定を前もって発表していても参加率100%にはなかなかならない。

僕らはそれを普通に仕方のないことだと思っていたが、

その先生に言わせれば、その僕らの考えからして問題なのだと言う。

子どもの将来に関わる大事な話をするのだから、

どんな予定があってでも、その日の都合をつけていないとおかしい。

その都合をつけてもらえないのは、

会自体にそこまでの価値を見出してもらえていないからだ、と…。

実際、そう簡単に仕事を休めるかというとかなり難しい。

だけど、確かにその先生の言われるように、

会自体に「出ないといけない」「出ないと損だ」と思えるようなものがもっとあったら、

参加率100%になる可能性はある。

この先生とのやり取りは、父母会に来られなかった方のために、

どんな内容の話をしたかわかるレジュメの作成をお願いした時のやり取りであった。

まぁ結果としては

「そんなものを作ったら、ますます父母会に行かなくてもいいと思われるから、

そんなものは作るべきではない!」と一蹴されたのであるが…(笑)。

この話をされてもなおレジュメを作成している僕は、

反省もなければ進歩もない頑固者のように思われるかもしれないが(苦笑)、

本当はもちろん

「子どもの将来に関わる大事な話をするので、

無理を承知で是非是非来ていただきたい」と思っているし、

もっともっと「出ないと損だ」と思ってもらえる、

中身の充実した会にしたいと思っている。

父母会後の個別質問の場でも全員とお話しできるわけではないけれど、

それぞれのご家庭での様子をできるだけお聞かせ願えたらとも思っている。

そういう意味では、逆に「こんな話をして欲しい」「こんな会が理想的」

というような要望があれば、それも教えていただけたらと思う。