3年生の夏期体験授業と、秋から始まる授業の日程を公開しました。

横浜雙葉学校説明会

本日、横浜雙葉中学校の説明会を実施いたしました。
横浜雙葉の説明会は6年ぶりで、校長先生が代わられてからは初となります。

前回の説明会で、(その時の校長先生である)千葉校長先生から、
「横浜雙葉はお嬢様のイメージが強いと言われますが、
そうです。お嬢様の学校です。」というようなお話があったと記憶しています。
こういうと、『お嬢様』という言葉の捉え方によって、
敬遠される方も出てくると思いますが、私の解釈は以下の通りです。

卒業生と偶然、しかも久しぶりに会った時に、
自由な校風が特徴的な某女子校の生徒なら、私を見て、
「ヒョロッ!」とか「ガリガリ!」
と、笑いながら憎まれ口をたたいてくるのに対して、
横浜雙葉の生徒は、
「相変わらず痩せてますね!」とか、「また痩せました?」
と、言います。
内容としては同じことを言っているのですが、表現の仕方が違います。

前者がダメだと言っているわけではありませんよ!(笑)
ただ、こういうところが、横浜雙葉の言わんとする『お嬢様』なのかなと思います。
実際、横浜雙葉では、授業開始ギリギリまで、本当に秒単位でギリギリまで、
中庭でバレーボールに熱中する子がいるように、活発な子やヤンチャな子もいます。

今日の説明会で、生ゴミから土(たい肥)を作る実験のお話がありましたが、
知識として、そういうことができるとは知っていても、
実際にその実験をやるかというと……生ゴミですからね。
漫画やドラマに出てくるお嬢様には、やらせないんじゃないでしょうか。
そういったことも、経験させていくのが横浜雙葉です。

転ばぬ先の杖になりすぎないように、
何事も経験させてみたり、時には失敗もさせてみたり…しながら、
おさえるべきところをおさえ、キチっとすべきところでキチっとできるように
というのが、横浜雙葉の魅力なのだろうと感じています。

また、どうしても偏差値だとか実績だとか、そういうものさしで
学校や人を見てしまうことはあるかもしれませんが、
ひとりひとりがかけがえのない、素晴らしい存在であるという
ともすれば当たり前すぎて見落としてしまうことを
なにより大切にしているということが、この学校の一番の魅力であると思います。

 

横浜雙葉の先生方、本日は説明会を開いていただき、ありがとうございました。