3年生の授業は、後半戦に入りました。

5期生 Cさん

サーパスにお世話になることになったのが、息子が5年生の12月でした。息子はすぐに塾に慣れ、1度も嫌がることもなく、むしろ楽しく通わせていただいていました。しかし、先生から出された課題や宿題をやらなかったり、苦手な分野に取り組むことのできない息子。それでも先生方は何度も息子と向き合い、その都度ご指導くださいました。先生方の温かく、熱心なご指導に何度となく助けていただきました。

江角先生との面談では、毎回、息子の学力と共に性格や習慣などを考慮した指導をしていただく中で、サーパスで中学受験の勉強を通して得た経験が、きっとこれから息子が歩む人生の中で活かされる、と確信しました。これだけでもサーパスに転塾して本当に良かったと思います。

受験も近づき、志望校が決まってからは、さらなるご指導で息子も一途に志望校に受かりたいと勉強に励むようになりました。最後の2週間、息子の顔つきがそれまでとは変わりました。受験3日前の1月29日の朝、ふと私の元に来た息子が「お母さん、オレ、中学受験の勉強頑張って良かった。サーパスに通えて良かった。」と言いました。その言葉を聞き、その場で我慢できず泣いてしまいました。とても嬉しかったです。

受験当日は、早朝からマドレーヌ先生が来て下さり、激励を受けました。息子は試験会場に入るまで何度も「マドレーヌ先生が今日の僕の顔を見て、大丈夫、いい顔してる!って言ってくれたから、僕は大丈夫だ。」と言っていました。息子にとって先生の言葉がどんなに心強かっただろうと思いました。そしてこの日に受験した第一志望の学校に合格することができました。ありがとうございました。

最後の最後まで先生方、職員の皆様に助けられ、支えていただき、合格することができましたこと、心から感謝致します。

サーパスにめぐり会えて本当に良かったです!

これからもサーパスのますますのご発展と、先生方、職員の皆様のご活躍をお祈り致します。本当にお世話になりました。

ありがとうございました。