年内の3年生の授業は終了しました。次の授業は、1月12日(土)です。

受験お疲れ様でした。

初日に受けた第一志望校に合格して、あっという間に受験を終えた人も、

約1週間、最後まで戦い続けた人も、よく頑張ったと思います。

僕の持論でしかないので反対意見もあるとは思いますが、

僕は「勝てば官軍」とは思っていないです。

第一志望に入れれば勝ちで、それ以外が負けだなんて、

そんな寂しいことあるわけないと思うんです。

○○合格確実!○○への合格の可能性80%以上!なんて言われていても、

努力が報われなかったようにみえる結果になることはあります。

そして中学受験は高校受験や大学受験と比べても、

特にそういう傾向が強いように思います。

しかし、頑張った経験、結果のわからないものに果敢に挑んだ経験、

一生懸命考えたという経験、…こういったものは、一生の財産となります。

自分の実感として、

「このくらい頑張ると、このくらいの結果が出せる」というのを知ることや、

「自分に合った勉強のスタイル」を知ることは、とても貴重な経験だと思います。

勉強を本気で頑張ったのが、たとえ1ヶ月そこらだったとしても、

1ヶ月頑張れたことは素晴らしい。

人生の中で、本当の意味で本気で頑張った経験というのは、

そう何度も得られるものではないように思います。

この先、何か辛いことや乗り越えないといけないことがあったとしても、

一度でも本気で頑張った経験があれば、きっと乗り越えられる。

少なくとも、その可能性は高い。そう思います。

一校でも合格できない学校があった人は、

「悔しい」という経験もできたでしょうし、

苦しんだ子は「不安と戦う」経験も人より多くできたかもしれません。

親心としては、スムーズに決まって欲しいと願うでしょうけれど、

僕らはこの受験期間中に成長した子を今まで何十人、何百人と見ています。

苦しい思いをした子も苦しい思いをした分だけ、成長したのです。

学びには、あとになって「そういうことだったのか」と気づくようなところがあります。

学んでいる時にはその価値がわからないことだらけなのです。

だから「こんなこと勉強して何の役に立つの?」なんてことを言う人が出てきます。

すぐに「スキ」「キライ」で判断する人が出てきます。

因数分解を知らなくても世の中生きていける。

英語なんて話せなくたって…。

古文っていつ使うの?

キリがないですね。

実際、小さい頃に古文を一生涯かけて研究しよう!と決意していた人なんて、

なかなかいないと思います。でも、ある時古文の魅力に気づいて、

どっぷりと古文にはまってしまった人がいるわけです。

何が役に立つかなんて、わからないのです。

脳の仕組みや回路についての専門家ではないので、

詳しいことは僕にはわかりませんが、

使えば使うほど脳が発達するこの時期に、

自分の脳の容量を広く深くしたことが、

とても大事なことだったと思える時がきっと来ます。

算数科として言えば、得手不得手はあったとしても、

小学生の時にしか教わらない算数という教科を

一生懸命にやった経験は、必ず将来活きます。

これは算数で点数を取れたとか、今後数学が得意になるかどうかとか、

その程度の話ではありません。

もう少し大人になったらきっとわかります。

まだまだ延々と、みんなが頑張ったことの価値について話したいところですが(笑)、

この辺で終わりたいと思います。

とにかく、みんな頑張りました!それは本当に素晴らしいことです!

だけど最後に2つ付け加えます。

1つは、これがゴールではないということ。これからが大事です。

第一志望に入れたからといって、それで満足してだらけてしまったら、

第一志望に入ったことが失敗になってしまいます。

第一志望に入れなかったとしても、

それが却ってここからの毎日を充実させるものにできたとしたら、

これは成功だったと言えると思います。

これからが大切だということです。

そしてもう1つは、ここまで来られたのは自分1人の力ではないということ。

みんなにはもう何度も話しているのでわかっていますね。

そのことを忘れずに!

それではまた今日からの中学準備講座で会いましょう!