今年度の学校説明会をお知らせしています。

真似から始めよう!

だいぶ昔の「プレジデントFamily」だが、

サーパスのブログで紹介していなかった記事があるので、

その一部を紹介しようと思う。

1つ目のテーマは「東大生の人生を変えた痛恨の不正解」

そこに登場したのは、都内にある大学受験向けの進学塾「SEG」で、

数学を指導している青木先生のお話。

青木先生がまだ中学生だった時、

答えは全て合っていた数学のテストでなぜか2点の減点。

納得がいかずに先生に理由を聞くと、「解き方がダサイ!」(笑)

その後、単に正解するだけではなく、

いかに美しくカッコよく解くかに頭を使うようになり、

数学の面白さにのめりこむきっかけになったそうだ。

この数学の先生の言った言葉は実に共感できる。

生徒の答案を添削することは数多くあるが、

式を書かせたり、記述を書かせたりすると、

間違っているわけではないけれど、どうにもダサイんだよなぁ…

ということはよくある。

このダサさ(笑)を何とかするためには、

模範解答の研究が必要だし、最初は模倣(真似)が必要だと思う。

また別のページでは「灘、桜蔭生の点取りテクニック」という

現役中学生たちの対談も特集されていた。

そこで灘の生徒が

「できる子のノートを借りて、賢い勉強方法を盗む」

なんてことを言っていたのだが、

灘に入れるような子でさえも、もっとできるようになりたいと貪欲であったり、

人のいいところを見習おうと謙虚であったりするのだ。

(いや、むしろ謙虚であり貪欲であるからこそ、

灘に入るようなレベルになれるのかもしれないが)

美しい答案、大人が見ても惚れ惚れしてしまうような答案を書くためには、

そして答案の書き方だけではなくて、今より賢くなるためには、

勉強方法だって真似していいのだと、みんなの先輩が教えてくれている。

(自分より)できる子が、どんな勉強をしているか、

どんな時間の使い方をしているのか、どんな本を読んでいるのか…

直接聞いてみるなりチラチラ観察したり(笑)してみればいい。

あるいは、卒業生が塾に顔を出してくれた時には、

苦手科目をどうやって克服したかとか、いつから本気でやり始めたかとか、

聞いてみるといい。

そうしたら、今困っていることが案外あっけなく解決したりするかもしれない。